生酵素に効果があるのか試します!
気になる生酵素のQ&A

生酵素222を飲むとおならが出る?ガスと腹痛のぶっちゃけ事情

生酵素222の口コミをみていくと、少なからずおならやガス、腹痛があるという声があることに気付きます。

生きていると生理現象として体内でガスが発生するのが当たり前ですが、生酵素222を飲み始めるとその活動が活発になるということなのでしょうか?

こちらでは、生酵素222とおならやガス、そして腹痛との関係についてお話していきます。

生酵素222を飲むとおならが出るって本当?

生酵素222とおならに関係する口コミはたくさんあります。

  • 生酵素222を飲み始めておならがたくさん出るようになった
  • 生酵素222を飲むとくさいおならが出て困る
  • おなかがゴロゴロして痛くなる

このような口コミがあがっていることから、生酵素222はおなかの調子を良くも悪くも変えてしまうサプリメントだということが分かります。

もちろん人によって差はありますし、おならの変化がないこともありますが、初めて飲む人はおならやガス、腹痛の調子が以前とは違ってくるかもしれないと思っておいたほうがいいでしょう。

なぜ生酵素222を飲むとガスや腹痛が起こるの?


生酵素222を飲むと、体内に酵素が十分にいきわたるようになります。
酵素不足の人は、これまで腸内に消化しきれていなかった食物の残渣がたくさん残っています。

それらが生酵素222の成分によって分解され消化が進むと、便秘が解消されてくるとともに、おならが活発に生産されるようになります。

おならが出るという現象だけみるとうれしくない変化ですが、これは体にとってたいへん好ましいことです。
ときにはガスがたまりすぎて腹痛が起きることもありますが、適切にガスを放出していればさほどひどくなることはありません。

この活発なおならの生産も、腸内に消化すべき食物残渣が残っている間のことであり、しばらくすると落ち着いてきます。

生酵素222に含まれる植物発酵エキスがしっかりと働いているという証拠が、活発なおならやガスなのだと知っておきましょう。

生酵素222で出るおならはどう対処すればいい?

生酵素222を飲むことでおならが増えても、それは一時的なことなので心配はいりません。
ですが学校や職場でひんぱんにおならが出たり、おなかがぐるぐるしたり痛くなったりすると困りますね。

がまんすると冷や汗が出たり、ガスがたまりすぎて出そうとしても出なくなってしまうので注意が必要です。

ですがその状態はいつまでも続くわけではありません。
腸内にこびりついている未消化の食物残渣などが排出されてしまえば、おなかの調子も落ち着いてきます。

それまで待てないという人は、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始など長期の休みに合わせて生酵素222をはじめるようにするといいでしょう。

生酵素222を飲むと早い人では数時間でおならが発生しはじめます。

そして数日間は活発な状態が続きますから、あまり予定を入れずに自宅でのんびり過ごすようにしましょう。
急激におならが増えたり、くさい臭いを発したりする時期は数日間がピークですから、その間をやり過ごせれば次第に落ち着いてきます。

生酵素222をスタートするタイミングに気を付けておけば、おならや腹痛の悩みは解消されることでしょう。

生酵素222でおならが増えるのは正常です!


生酵素222を飲んでおならが増えるのは、いたって正常な反応です。

これまで酵素不足が積み重なり、消化にばかり酵素がとられて代謝や排せつに酵素が足りていなかった人ほど、腸内に未消化の食物残渣が残っています。

生酵素222を飲むことにより酵素がたくさん供給されるようになると、未消化残渣の消化が一気に進むことに。
するとこれまでとは違ったニオイのおならが大量に発生することもあります。
また普段は気にならなくても、暴飲暴食をした翌日などに生酵素222を飲むと、くさいおならがたくさん出ることも。

これらは体内で酵素がしっかりと働いていることを示していますので、本来は喜ぶべきことなのです。

継続的に生酵素222を飲んでいくことで、未消化の食物残渣の量もどんどん減っていき、ガスが発生したり腹痛が起こったりすることも減っていきます。
生酵素222を飲むならぜひ、おならの回数やニオイの様子、腹痛の強さや場所などを観察するようにしてみてください。

その日の健康状態がよく分かるバロメーターとして、おならや腹痛を上手に利用していくといいですね。

くさいおならが出るときには、少し前に消化の悪いものを食べたり、お酒を飲み過ぎたりしている可能性があります。
おならそのものが悪いのではなく、くさいおならや頻繁なおならが出る原因となる生活を改めることが、健康的なダイエットには大切だと心得てくださいね。