生酵素に効果があるのか試します!
生酵素の効果

生酵素サプリは効果なし!?生酵素サプリの効果的な飲み方&注意点

生酵素を摂取するとどんな効果がある?

生酵素222に限らず、生酵素のチカラをつかって体質改善を狙っているサプリはたくさんあります。
体にいいと言われている生酵素ですが、具体的にはこんな効果があります。

・体の機能が活発になる
・脂肪を燃焼しやすくなる
・代謝がアップする
・冷え性改善
・肩こり解消
・疲れにくくなる
・二日酔い予防
・便秘解消
・肌や髪にツヤが出る

生酵素を飲むことで、健康面から美容面にわたってさまざまな効果が期待できるのです。

生酵素と酵素の違い!なぜ生を選んだ方がいいの?

サプリタイプの場合、酵素と生酵素の2パターン商品があります。
同じ酵素なのですが、せっかく酵素を飲むのでしたら生酵素を選びましょう♪

酵素と生酵素の決定的な違いは「加熱しているかどうか?」です。

酵素サプリ→製造段階で加熱処理しているため、酵素が失活した状態でサプリになっている

生酵素サプリ→低温処理や非加熱製法でつくられているため、酵素が失活していない

酵素は熱にとっても弱く、48度以上の熱が加えると失活してしまいます。
つまり、熱が加えられている酵素サプリは飲んでも酵素としての働きは期待できないのです。

ただ酵素サプリは酵素本来の働きは期待できないけれど、酵母菌・乳酸菌などの栄養素がたっぷり含まれているので、体にイイことは確かです。

酵素のチカラを取り入れたいのであれば、生酵素サプリを選びましょう。
酵素のチカラをダイレクトに実感できる&たくさんの栄養素も同時に取り入れられますよ♪

【目的別】自分にあった生酵素の選び方!どんな種類がある?

ダイエット目的で生酵素!

生酵素を飲んでいる人はダイエット効果を期待している人がかなり多いです。
生酵素を使ったダイエットはそれだけメジャーな方法!

本来酵素は体の中に存在している成分なのですが、30代を過ぎた頃からガクッと減ります。

「30過ぎたら太りやすくなる」と言われるのは、代謝に必要な酵素が体の中から減るため、脂肪が蓄積されていくからなのです。

生酵素を飲むと、代謝効果がアップするので脂肪の燃焼効果がアップします。
だからダイエット効果が期待できるのですね♪

〜ダイエットの効果がアップする生酵素の飲み方〜
・生酵素を飲んでからウォーキングなどの軽い運動をする
・朝食を生酵素ドリンクにして置き換えダイエット
・食事をする前に生酵素を飲んで余分な脂肪の吸収を抑える

美容目的で生酵素!

生酵素を飲むと、代謝がアップするので自然と肌のターンオーバー機能が促進されます。

汗もかきやすくなるので、老廃物をデトックする効果も!
毛穴が開いて汗のつまりを流すので、生酵素を飲みながらスキンケアを見直すと、肌にツヤがでてキメが細かくなります。

美容の基本は「栄養を届けて老廃物を溜め込まないこと」なので、デトックス効果が高い&栄養がぎゅっとつまった生酵素は、美容効果が高いのです。

〜美容効果がアップする生酵素の飲み方〜
・生酵素サプリを飲んで、お肌のゴールデンタイムには寝る
・お風呂に入る30分前に生酵素ドリンクを1杯飲む

便秘解消目的で生酵素!

善玉菌より悪玉菌が腸内に増えると、便秘体質になりやすくなります。
生酵素には、体内にある老廃物を外に出す効果があるので、悪玉菌の動きを弱めることができます。

特にドリンクタイプの生酵素には酵母菌・乳酸菌が含まれていることが多いので、悪玉菌を減らしつつも腸内環境を改善する効果が期待できます。

生酵素を飲んで腸内環境を整えると、便秘になりにくい体質に変えることに繋がります♪

〜便秘解消効果がアップする生酵素の飲み方〜
・朝起きてコップ1杯のお水を飲む代わりに、酵素ドリンクを飲む
・食事の前に1日3回生酵素サプリを飲む

健康目的で生酵素!

生酵素は代謝をアップするだけでなく、体の中の機能を活発にさせる効果があります。
エネルギーを代謝するためには、各臓器がしっかり働くことが基本!肝臓の機能でイメージしてみましょう。

お酒を飲んだらアルコールを分解するために肝臓が働きます。
肝臓がしっかりアルコールを分解すると、二日酔いやだるさを感じにくくなります。
ここで肝臓の働きがにぶくなると次の日に響きます。

生酵素を飲むと肝臓に限らず、それぞれの臓器が活発になります。
脂肪を燃焼する臓器が活発になれば、内臓脂肪を減らすことに繋がるので健康診断でメタボを指摘されることもなくなるかも!?

〜健康効果をアップする生酵素の飲み方〜
・飲み会の前に生酵素サプリを飲んで、寝る前に生酵素ドリンクを1杯飲む
・毎日生酵素を摂取することを習慣づける

生酵素を摂取する場合の注意点!


生酵素は、ただ飲めばいいというものではありません。

  • 必ず規定の量を守って飲む
  • 好転反応が出てても飲み続ける
  • 生酵素だけに頼らず、食生活&生活習慣を見直す

生酵素の効果を多く実感したいからといって、むやみやたらに飲むのはNG!
サプリにしろドリンクにしろ、1日に飲んでもいい量は決まっています。
なにごともやり過ぎは体によくありません。

また、生酵素を飲んでいる人の中には「最初は効果を実感したけど、だんだん何も感じなくなった」という人がいると思います。

これは好転反応といって、体質が良い方向に変化しはじめているサインです。
ここで生酵素を飲むのをやめてしまったら全く意味がないので、続けましょう。

生酵素は確かに健康・美容にとってもいいですが、一番効果的なのは「生活習慣や食生活を整えること」です。
体の基本がしっかりしていると、生酵素の効果を実感しやすいですよ♪

アレルギー持ちの方は原材料に注意!

ここで注意したいのは「食物アレルギーがあるかどうか?」です。
生酵素は数種類ではなく、かなり多くの原材料を使って、栄養素をぎゅっと凝縮しています。
食べ物にアレルギーがある人は、自分が反応が出る食材が使われていないかどうか?を必ずチェックしましょう。

また、普段スーパーでみかけない、珍しい食物を使っていることもあります。
普段は何もアレルギーがなくても、反応することも十分考えられます。
何か異変を感じたら、病院でアレルギーチェックをしてもらいましょう。血液検査で簡単に診断してもらえます。

酵素を摂らない方がいいタイプがある?どんな人?


酵素は体にイイといわれているので、全ての人に効果的だと思いがちですが、こんな人は生酵素の効果を実感しにくいかもしれません。

  • 普段から食事バランスが整っている人
  • 10代で、まだ成長ホルモンが分泌されている
  • 普段からカロリー摂取量が少ない
  • 少食の人
  • 身長や体重が平均より下回っている

生酵素は普段働いていない体の機能を活発にさせることで、効果を実感しやすいものです。

そのため、普段から体内酵素が正常に働いていたり、酵素を多く必要としない生活をしている人は効果を実感しにくいかもれません。

また若い10代のうちに生酵素を飲んでも、まだ体内にたくさん酵素がある状態なので、代謝アップ効果は期待できなかもしれません。

生酵素サプリで効果なしの人にありがちなミスとは?

生酵素サプリは「飲んだら効く」というわけではありません。
中には「規定の量を守っているのに期待している効果が出てこない」という人もいるかもしれません。

生酵素サプリは「飲み方を気をつける」ことがポイントです。

酵素が失活しないように水の温度を守ることも重要ですが

  • 食事をする前に飲む
  • 食前と食後に分けて飲む
  • 牛乳と一緒に飲まない
  • ということにも気をつけましょう。

    特に牛乳と一緒に飲むのはNG!
    牛乳は酵素の働きを弱めてしまうので相性が悪いです。
    生酵素サプリを飲むときは極力水で飲むようにましょう。

    生酵素222の効果を引き出す飲み方は?注意点はある?


    生酵素222を飲むなら、その効果をめいっぱい感じたいですね。

    サプリメントというのは一日にこれだけ飲まなければならないという決まりはなく、あくまでも目安摂取量という形でしか記載はありません。

    こちらでは生酵素222の成分や効く仕組みなどを考え、もっとも効果を感じられる飲み方や、摂取するうえでの注意点などをお話していきます。

    生酵素222はどれくらいの期間飲めば効果が出る?


    生酵素222を飲んでみたいと思ったとき、まず気になるのがどれくらいの期間飲めばいいかということ。

    ダイエット効果というのは体重が〇キロ減ったとか、ウエストが〇㎝細くなったとかの数字で表せるものでしか感じられないと考えがちです。
    そういう意味では、生酵素222の効果をはっきりと感じられるのは数ヶ月後ということになるでしょう。

    ですが体重は変わらないけれどなんだか体が軽く感じられる、体調がいいように思うという変化であれば比較的早く感じている人が多くなっています。

    特に代謝や排せつが悪くなっていている人は、飲み始めて数日で体調の変化を感じます。

    おなかの中が活発に活動している感じを受けたり、ガスが増えたり、便通が増えたりします。

    数日でそのような効果を感じた人は、そのまま飲み続けていれば3ヶ月が経過するころには、そういえば体重が減っている、ウエストサイズが変わっていると気付くようになります。
    飲み始めて数日で体調の変化を感じる人は、生酵素222によるダイエットが有効な人だという傾向があると思っていいでしょう。

    生酵素222の効き目を最大減に感じるための飲み方は?

    生酵素の飲み方
    生酵素222は一日に2~6粒を飲むことが推奨されていますが、好きなときに好きな数を飲むというのでは効果を最大減に得ることはできません。

    どのような方法でダイエットしたいかによって、推奨される飲むタイミングが変わってきますので注意が必要です。

    運動によるダイエットのサポートとして生酵素222を飲むなら、運動を行う前に飲んでおきましょう。

    生酵素222が基礎代謝をアップさせ、運動の効果をさらに引き出してくれます。

    また便秘の解消とデトックスでダイエットをするなら、就寝前の摂取が効果的。

    寝ている間に行われる新陳代謝を強力にサポートしてくれると同時に、翌朝の穏やかな排便を促してくれます。

    食べ過ぎを防ぐ目的なら、食の前が効果的です。

    朝からがっつり食べる人は朝食前、夜に外食や飲み会が多いなら夕食前がおすすめ。

    自分が上記のどれにあてはまるのか、一度立ち止まってじっくり考えてみてください。

    それに応じた飲み方をすることで、望むダイエット効果を得ることができるでしょう。

    生酵素222の効果をしっかり感じるために気を付けること


    生酵素222の効果を感じるためにしてはいけないことや、注意点はあるのでしょうか?

    まず生酵素222はネーミングから分かるように、酵素が生の状態で含まれているのが特徴です。

    酵素は48度以上の温度で消失してしまうということをまず覚えておきましょう。

    そのため温かい飲み物で生酵素222を飲むのはNGです。

    48度の飲み物というと、わりと多くのものが当てはまりますから気を付けてください。

    それなら冷めたお茶やコーヒー、ジュースならいいかというと、それもよくありません。
    そういった飲料にはカフェインが含まれていることが多いのですが、カフェインは酵素と相性がよくない成分なのです。

    これらの理由から、生酵素222を飲むのには水が適しているといえます。

    常温またはぬるま湯程度の温度の水で飲むようにしてください。

    生酵素222はいつも水で飲む!と決めてしまうといいでしょう。
    水道水に抵抗がある人は、好きな銘柄のミネラルウォーターを用意しておくのがおすすめです。

    また生酵素222は一日に2~6粒を目安摂取量としていますが、飲み忘れたときに翌日倍量の4~12粒飲むというのはおすすめできません。

    飲んだかどうか分からなくなったら、もうその日は飲まないというのが安心です。
    忘れてしまわないためには、ピルケースに分けておいたり、アラームをセットしたりしておくのが効果的です。

    酵素は人間が生きている限り絶え間なく消費されていく成分ですから、毎日決まったタイミングで補給していくことが望ましいといえます。

    自身のダイエット計画にもっとも効果的なタイミングをまず決めて、飲み始めたら毎日忘れることなくコンスタントに継続していくことが、生酵素222によるダイエットを成功させるための秘訣なのです。