人気生酵素の商品比較!

生酵素222とまあるい旬生酵素を比較してみました!

生酵素222の比較

酵素が生の状態で配合されているサプリメントを探しているとヒットするのが、生酵素222とまあるい旬生酵素です。

どちらも非加熱製法で植物発酵エキスの働きを最大減に生かす工夫がされているサプリメントです。

この両者について、気になる違いをチェックしていきましょう。

 

生酵素222 まあるい旬生酵素
内容量 60粒(10~30日分) 60粒(30日分
定価 2017円 3980円
原材料名 植物発酵エキス、サフラワー油、黒酢濃縮末(江蘇鎮江香酢濃縮粉末、山西老陳酢濃縮粉末)、Lーカルニチン酒石酸塩、キャンドルブッシュエキス、コエンザイムQ10、殺菌乳酸菌(ECー12株)、ゼラチン(ブタ由来)、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、イカスミ色素、ビタミンB1(順不同) 植物発酵エキス・黒糖・脱脂粉乳・根菜類・葉物野菜・果菜類・果実類・穀類・海藻類・キノコ類・山菜類・甘藷末・でん粉・大豆食物繊維・ショウガ末・ガラクトオリゴ糖・梅エキス・有胞子性乳酸菌・オタネニンジン末・サンショウ末・マルトデキストリン・乳酸菌凍結乾燥末
栄養機能成分 ビタミンB1 なし
定期購入 定期コースあり・1袋~5袋まで選べる・個数により割引率が変動・3回の購入条件あり 定期コースあり・1袋なら2回目以降25%割引の2980円・2袋なら2回目以降30%割引の1814円
おすすめポイント 220種類の植物発酵エキス配合・栄養機能食品認定・非加熱製法・補酵素ビタミンB1配合・日本サプリメント評議会認定・放射能残留農薬毒性試験実施済み・ 310種類の植物発酵エキス配合・丸剤で飲みやすい・初回に限り15日以内返品保証あり・非加熱製法・オリゴ糖と食物繊維配合・GMP認定工場で製造・残留農薬や放射能検査済・定期コースの回数縛りなし
おすすめ度 ★★★★ ★★★

内容量やコスパはどう?

内容量は生酵素222が60粒で10~30日分、まあるい旬生酵素が60粒で30日分となっています。

生酵素222は一日あたり2~6粒まで飲むことができますので、自身の飲む個数によって何日もつかが変わってきます。

コスパは生酵素222が一日あたり67円~201円です。

前述のとおり、自身が何粒飲みたいかによってコスパは大きく変わってきますので注意が必要です。

まあるい旬生酵素は一日当たり132円のコスパとなっています。

一日あたり2粒飲む場合のコスパで比較すると、生酵素222が倍くらい優れているといえるでしょう。

 

配合成分の違いについて

生酵素222サプリメントでまず比較したくなるのは、配合されている植物発酵エキスの種類です。

生酵素222は222種類、まあるい旬生酵素は310種類が配合されています。

どちらも非加熱製法で、熱に弱い酵素をしっかり体内に取り入れるための工夫がなされています。

酵素以外の成分としては、生酵素222がLカルニチンやキャンドルブッシュエキス、コエンザイムQ10、乳酸菌などの健康や美容にいい成分、まあるい旬生酵素がショウガ成分やお種人参エキス、乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維などを含んでいます。

またどちらかにしかない特徴として、生酵素222には栄養機能食品として認定されているビタミンB1が配合されているのがポイント。

ビタミンB1は補酵素として222種類の植物発酵エキスをしっかりサポートしてくれる成分なのです。

生酵素222の植物発酵エキスの数は222種ですが、ビタミンB1が配合されていることによってパワーが増しているといえるでしょう。

 

定期購入の内容について

生酵素222の比較

生酵素222にもまあるい旬生酵素にも、定期購入の設定があります。

生酵素222は1袋~5袋まで選べるコースがあり、袋数に応じて割引率が変わります。

この定期購入割引は3回の購入条件がありますので注意が必要です。

まあるい旬生酵素の定期購入は1袋と2袋コースがあり、それぞれ割引率が異なります。

こちらは回数条件はなく、2回目から停止や解約をすることが可能です。

 

おすすめポイントと総評

酵素サプリメントでもっとも気になる植物発酵エキスの種類で比較すると、生酵素222が222種でまあるい旬生酵素が310種類を配合しています。

生酵素222には222種類ですが、酵素の働きを強力にバックアップする補酵素ビタミンB1が配合されていますので、種類の差はあまり気にしなくてもいいでしょう。

また酵素以外の成分としても、両者とも美容と健康にいい成分をそれぞれ配合しています。

野菜を使う製品ですが、どちらも残留農薬や放射能検査もしっかりなされていて安心できます。

定期購入については生酵素222には3回の回数縛りがあり、まあるい旬生酵素にはありません。

そしてまあるい旬生酵素は初回に限り、15日間の返品保証がついています。

コスパに関しては、生酵素222とまあるい旬生酵素をそれぞれ一日2粒飲む場合で比較すると、生酵素222のほうが倍ほどコスパに優れているという結果になりました。

これらの諸条件を総合的に評価してみると、コスパに優れているという面と、国から栄養機能食品として認定されているという点で生酵素222が一歩リードしているという印象です。

よって生酵素222を★4つ、まあるい旬生酵素を★3つという評価にいたしました。